CNNニュース・リスニング 2016[春夏] をリスニング初心者がレビュー!

この記事について

今回は、CNNニュース・リスニング 2016[春夏] をレビュー。

これはまだ完全に消化できたわけではないけど、2016年も終わりそうなんで、簡単に内容や感想を書いてみようかと思います。

CNNニュース・リスニング 2016[春夏] について

[CD&電子書籍版付き]CNNニュース・リスニング 2016[春夏]

 2016[春夏] というのを見れば予想が付くと思いますが、これは月刊英語学習誌 CNN ENGLISH EXPRESS の特集号的な雑誌になってます。

コンテンツはCNN ENGLISH EXPRESSの記事・音声を再編集したモノが入っていますね。

1本30秒程度の短いニュースが20本 とっつきやすいリスニング教材

ニュースを題材にしたリスニング教材というと、とっつきにくいと感じてしまう方もいるかと思いますが、これは意外と取っつきやすいですね。

内容的には

IT業界に続々誕生するインド系CEO
ハッキングで自動車が乗っ取られる?
テイラースイフト、グラミーで「女子道」を語る
アマゾンがついに「リアル書店」をオープン
……

といった感じで難しい内容のニュースはありません。学がない中卒ヒキニートな自分でも興味を持てて楽しめるものが多かったです。

また、使われている単語や文法も極端に難しいものはなく、ある程度英語を学習してるなら問題はないかと思いますね。英語の難易度的にも意外と取っつきやすいです。

音声素材にも工夫が

音声についてもリスニング初心者でも学習しやすいような工夫があって、とっつきやすくなっています。

音声は元素材のナチュラルスピードの音声だけではなく、別のナレーターによって収録されたゆっくり目な音声も入っています。ゆっくり目な音声素材は通常のものに加え、ポーズ付きのものもあります。

リスニング初心者にとって、ポーズありのゆっくり目な音声は嬉しいですね。ポーズありのゆっくり目な音声があることで、区切り聞きができ、リスニング初心者の段階からでも少しずつ力を付けていくことができます。

また、訳文も通常のものだけではなく、順送りで訳されているものもあります。区切り聞きだけではなくそれも活用すれば、英語を素早く正確に理解しやすくなります。

自分がCNNニュース・リスニング 2016[春夏]  で学習してみて思ったのは、リスニング初心者には良い教材だなということですね。

ちなみに、、、

区切り聞きやサイトトランスレーション(順送りの訳で前から理解していく方法)は、元々通訳学校で使われていたトレーニングのようです。

通訳を目指す人以外の英語学習者にも有用ということが分かり、初心者や中級者向けの教材にも取り入れられていった……という感じみたいですね。

どんな人にオススメ?

CNNニュース・リスニング 2016[春夏] は、
リスニング初心者で、最終的にネイティブの速い英語を聞き取れるようになりたい、と思っている人にオススメって感じです。

ゆっくり目な音声が「ゆっくりすぎない」のがイイっ!

リスニング初心者で最終的にネイティブの速い英語を聞き取れるようになりたい、と思っている人にオススメな理由は

ゆっくり目な音声が「ゆっくりすぎない」

からですね。

区切り聞きしやすく工夫されている音声や訳文もそうですが、「ゆっくりすぎない」音声というのもかなり良いです。

ネイティブの爆速英語を聞き取れるようになりたい場合は、あまり遅い英語に慣れると支障を来してしまいます。しかし、この教材の音声は「ゆっくり」でもそれがない。
ネイティブの速い英語を聞き取れるようになりたい人にとっては、ちょうどいい「ゆっくり」なのでリスニング学習もはかどりますね。

音声の早さは普通の日本人の感覚としてはナチュラルスピードの範疇で、ナチュラルスピードの中では一番スピードが遅い、くらいです。だからこれも活用して英語に慣れればリスニングの土台ができて、ネイティブの爆速英語も聞き取れるようになる日がきっと来る……って思います。

TOEICなどのテストのためというならもっとスローな音声のリスニング教材を選んでも良いと思いますが、最終目的が「ネイティブの爆速英語」ならこの教材は最適です。

「ネイティブの速い英語が聞き取れるようになりたい」ならぜひぜひCNNニュース・リスニングで学習してみてください。

おわりにひとこと

自分の場合はCNNニュース・リスニングを精聴して学習を進めています。

リスニング能力は全然まだまだですが、「これを続けていれば爆速な英語も聞けるようになるかも」みたいな手応えがちょっとだけ感じられるようになってきました。

シェアする

フォローする