気にしすぎてブログに書く文章がゲシュタルト崩壊! そんなときの対策

ジグソーパズル

文法的にはこれでいいんだろうか?
おかしなことは言っていないだろうか?
単語はこれで適切だろうか?

書いた文章が気になり始め、それがどんどん深みにはまっていって、最終的にどんな文章が良くて、どんな文章が悪いのかさっぱり分からなくなった……そういう経験ってないですか?
ゲシュタルト崩壊という言葉がありますが、文章にもそれが起きたみたいな感じです。「もう何が何だか分からない、まるで知らない外国語を見ているようだ」……そんな感覚。

自分の場合はかなりの豆腐メンタルなので、色々と気にしすぎなところがあり、ブログを書くときでも、つい気にしすぎてしまって文章が頭の中でごちゃごちゃっとし、よく分からなくなることがちょくちょくあります。最近までそのことには結構悩んでました。

読み上げソフトを使うと改善できる!?

voice

ただ自分の場合は、「気にしすぎて文章がゲシュタルト崩壊」という悩みも少しは改善されてきてます。1週間ぐらい前に読み上げソフトを買ったんですけど、それのおかげでマシになってきました。

読み上げソフトは、名前の通り文章を合成音声で読み上げてくれるっていうソフト。これをゲシュタルト崩壊現象に襲われたときに使えば、ある種の混乱状態からニュートラルな状態に戻すことができます。

最近の読み上げソフトは、かなり人間に近い自然な声のものも多く、文章をアナウンサーに読んでもらったような感じになるので、そういったものを利用すれば書き手の視点から離れることができ、客観的な視点も得やすいです。
自分以外の声で、読んでもらった文章を耳で聞いていると、曖昧だった違和感がはっきりしてきて、問題のある部分が明確になったり、逆に引っかかっていた部分が、そんなたいした問題じゃないってことに気づけたりするのでかなり役に立ちますね。

読み上げソフトは無料のものだと正直まだまだ違和感はあるものが多く、文章の校正とか推敲に使うにはちょっと使いにくいかもって感じなのですが、
有料のもの(自分が買ったのはWorldVoice 日本語2)だとかなり自然に聞こえるものも多いので、書いた文章を見直す用途にかなり役立ちます。気にしすぎて文章がゲシュタルト崩壊するという人にも、読み上げソフトは相当役に立つはずです。

このブログは、気にしすぎて文章が何が何だか分からなくなって、結局下書き状態のまま放置した記事というのが結構あるんですが、読み上げソフトのおかげでちょっとずつ「下書き→公開」という記事が増えていきそうです。
新しく書く記事についても「下書き状態のまま放置」というのではなく、割と早めに公開できそうな気がしますね。

この記事について 最近、購入したテキスト読み上げソフトのWorldVoice 日本語2。今回はその...