【英語リスニング】ネイティブの速い英語を聞き取るために何が必要?

この記事について

ネイティブの爆速英語を聞き取れるようになりたい。そう思ってはじめたリスニング学習。。。

今回はその中でブログ主 arupaが「聞き取れるようになるためにこれは絶対不可欠」と思ったことを色々と書いてみようと思います。

英語の「音」に対する慣れ

リスニング学習をしていて「聞き取れるようになるためにこれは不可欠!」と思うことは、英語の「音」に対する慣れですね。

日本語とは違う英語の「音」っていうのがあると思いますが、そういった部分にはひたすら聞いて慣れていく必要があると感じました。

知識だけでは全然ダメ

日本人にとっては耳慣れない、なかなか認識できない英語の音。そういった英語の「音」に関する知識があればそれだけでも聞き取りやすくなる……。

リスニングの上達法が書かれている本やネットの記事を読むと、そのようなことが書かれていることが多いです。
LとRの違いはどうだとか、リエゾンやリダクションによって音がこう変化するだとか、そういうことを頭に入れておくと聞き取るのが楽になる、みたいな。

しかし、ネイティブの爆速英語を聞き取れるようになるのに、英語の音に関する知識はあんまり役立ってくれません。正直、効果は薄いって思います。

英語学習者向けのスローな音声ならまだそういった知識も役に立ちますが、ネイティブの速い英語の場合は「知っている」だけでどうにかなるものではないって思います。

ネイティブの英語は本当に爆速なので、日本人にとって耳慣れない、認識できない音に対してはひたすら聞いて慣れていくしかないと感じます。

自分の場合もリスニングの上達法みたいな本を買って知識を得てから、本格的なリスニング学習を開始しました。しかし、そういった知識を持っていても、爆速英語にはほとんど歯が立たなかったです。

単語だけとかフレーズだけなら、いくら速くても英語の「音」は認識できるんですが、センテンスになりそれがどんどん速く耳に流れてくるともう無理って感じでしたね

英語に対する反応速度

「音」に対する慣れ、という部分とちょっと被るかもしれないですが、英語に対する反応速度も凄く重要です。

スピードが速すぎて、英語を理解するための処理が追いつかないというケースが多いと思うので、反応速度を上げていくのは不可欠と感じます。

反応速度の全体的な底上げが必要

英語を聞いて「分からなかった」というとき、もうちょっと詳しく分析していくと、

「そもそも何と言ったのか聞き取れなかった」というのと「何て言ったかは分かったけど、理解するための時間が足らなかった」という2つのパターンがあるんじゃないかと思います。

そして、ある程度英語を学習している人の場合、分からなかった理由は前者よりも後者の方が大きいんじゃないかと思います。
文章にしたら理解はできるけど、速く話されると「理解するための時間が足りない」というケースって結構多いんじゃないでしょうか。

そして、そういった場合に必要になってくるのは、英語に対する反応速度を上げていくことです。

特にネイティブの爆速英語を理解しようという場合には、聞いてから数秒かかって理解するみたいな感じだと当然ながらあっという間において行かれます。

だから、おいて行かれずついて行くためには、聞いたらすぐに反応できるようにする必要があります。

How are you? というフレーズはたいていの人がすぐに意味を理解できると思いますが、目指すべきはそこですね。
日本語を理解するのと同じ感覚で、聞いたら意味がすぐに浮かんでくるみたいな英語のフレーズを増やしていく必要があると感じます。

そのためには裏技みたいなのを求めるより、
同じ音声をひたすら繰り返して聞く精聴や、アウトプットのトレーニングなどで、理解度を高いレベルまで上げ余裕で聞ける英語を増やしていく……
地道なことをコツコツコツコツ継続していくしかないのかなと思いますね。

「爆速英語を聞き取れるようになるためにどれくらいかかるんだ?」って思ってしまいますが、本当コツコツ頑張るしかないって感じです。

おわりにひとこと

リスニングは本当に難しい。。。

「ネイティブの英語がかなり理解できるようになってきた」というところまでたどり着くためには、かなり長い時間がかかりそうって思います。