【英語学習】リスニングの難易度って思ったより高いかもという話

この記事について

今回はリスニングの難易度について。

「リスニングの難易度って思った以上に高いよね」ってことを色々と書いていこうかと思います。

インプットとアウトプットだったらどちらが簡単?

どちらの方が簡単かと聞かれたら、大抵の人はインプットと答えるんじゃないかと思います。

アウトプットは少々難易度は高いけど、インプットについてはそこまで難しくない。。。

自分は英語についても漠然とそういったことが当てはまるんじゃないかと思ってました。

もうちょっというと、、、

アウトプットは基本的に理解度が高くないとできません。「なんとなく理解している」みたいな漠然な状態だと発信することは難しいです。
知識を知恵化するというか、「頭でなんとか理解できる」というレベルから抜け出す必要があります。

一方、インプットの方はどうかというと、必要な理解度はアウトプットよりは下でもOKです。最初は「なんとなく、ぼんやりとだけど頭で理解できる」という状態でもいいので、どちらかというと簡単な方なんじゃないかと思います。

そして、英語についても、自分は学習を開始する前に「アウトプットよりインプットよりの方が簡単だろう」となんとなく考えていました。インプットの方である「リーディング、リスニング」はどちらかというと簡単で、アウトプットであるライティング、スピーキングの方で苦労するだろうなとそんな風に漠然と思ってましたね。

リスニングの難易度はもしかしたら1番高いのかもしれない

しかし、リスニング学習を実際にやってみて思ったのは「めっちゃ難しい」ということ。

「リスニングなんて余裕、余裕!」なんて思ってはいなかったですが、ここまで難しいものとは考えていなかったです。

正直、自分的にはライティングやスピーキングよりも難しいんじゃないかと感じていますね。

リスニングが難しい理由

普通に考えれば英語と日本語は違うもので、やってこなかった英語でのインプットも難しいのは当然です。。。

日本人の場合は日本語でのインプットに慣れているというか、最適化されているという感じなので、英語でのインプットも難しくなるのはしょうがない部分があると思います。

英語の「音」には日本語には使われていない「音」があり、日本語を聞くのに最適化されている耳でそれを聞けるようになるのは難しいです。当然トレーニングは必要。

また、文法も日本語と英語では違いがあります。日本語の文法を使って情報を処理するのになれている日本人は、英文法を使うということに慣れないといけません。

リスニングをできるようになるためには、「2つの超えなければいけない壁」みたいなのが存在するのでなかなかハードです。

また、リスニングの難しさは「自分でコントロールできない」という部分にもあると感じますね。

リーディングの場合は英語を理解するのに自分のペースで進めていくことができます。ライティング・スピーキングも、英語を発信するのに自分のペースを保ちながらというのが可能です。

でも、リスニングの場合は基本的には自分ではコントロールできません。英語はドンドンと流れてきます。

日本語に最適化された耳で慣れない英語を聞き取り、ドンドンと流れてくる早い英語を慣れない英文法というルールに則って情報を処理する。。。

「リスニングの難易度はもしかしたらかなり高いものなんじゃないか」と思いますね。

自分的にはリスニングの学習をしてみて、難易度は「ライティング・スピーキングより上」と思ってしまいます。

学習開始前に「そこまで難しくないだろう」と思っていた自分は、リスニングの難しさに直面して若干やる気をくじかれている感じです。

自分と同じく「リスニングについて舐めてかかろうとしている」という人は……あまりいないと思いますが、もしいるとしたらその難しさにやる気をくじかれるので本当注意です。

本当、リスニングってやつは難しいって思いますね。

おわりにひとこと

今回の記事は若干……というか結構「自分の愚痴」が含まれていますw

リスニング学習をしていて「全然できるようにならないなー」と思っていたので、ちょっとネガティブな毒も吐き出してみました。