【SEO】ライバルが強いからってブログ記事を書かないのはもったいない

この記事について

今回はタイトル通りな話。

「ライバルが強いからってブログ記事を書かないという選択はもったいないよ」というようなことを書いていこうかと思います。

競合調査をしてそのキーワードで上位表示は無理そうって場合どうする?

あるキーワードを使って記事を書こうと思ってライバルサイトを調査。その結果、どうやらそのキーワードでは上位表示は無理っぽい。。。

そういう場合どうします?

結構多くの人がそのキーワードで記事を書くのはやめておこうと考えてしまうかと思いますが……それってもったいないかもしれません。

もうちょっというと、、、

ライバルサイトのドメインエイジやコンテンツ量、被リンクなどを調査してSEO的な強さを確認することができます。

SEOの知識がないという人でも使えるツールみたいなのがあるので、(「seo 競合調査」とかで検索してみれば無料のものが見つかるかと思います)
意外と調査は簡単です。

そして、調査の結果「上位表示はかなり無理っぽいな」という風になった場合。。。

選択肢は「果敢に挑戦していく」か「無駄な労力を使うことになるから諦める」のどちらかなんじゃないかと思います。

競合調査は被リンク数などの数値面でも圧倒されることも多いですが、コンテンツの中身でも圧倒されることも結構あったりします。

「SEO的にも強いし、コンテンツもなかなか良い。。。」

そういうときは「どうせ無駄な労力になるし、ブログ記事作成はやめておくか」なんて思いがちです。

しかし、「ライバルのコンテンツが魅力的、上位表示も無理っぽい」からといってブログ記事作成を諦めるのはもったいないって思います。
有益なコンテンツを作成できると少しでも思うなら、記事を作成しないのは損なんじゃないかって感じますね。

狙っているキーワードの検索結果ページ以外からでもアクセスは集められる

なぜ上位表示が無理っぽくても、ブログ記事を書いた方がいいのか?

その理由はアクセスを集められるのは、狙い目のキーワードの検索結果ページからだけではないからですね。

狙ったキーワードで上位表示できなくても、記事を読んでもらうことは可能

SEOにこだわりすぎると「狙ったキーワードで上位表示されないと意味がない」みたいな考えに陥ってしまいがちです。

しかし、ブログ記事を読んでもらうために「狙ったキーワードで上位表示させる」というのは絶対に必要というわけではありません。

狙ったキーワードに関連するようなキーワードで記事を書き、その記事からアクセスを流すというのも可能です。

例えば「英語教材 オススメ」みたいなキーワードで書こうとしたけど上位表示が無理そうって言うなら……

Amazonとかで買ったマイナーな英語学習の本のレビュー記事や英語のお悩み解決記事とか、他の英語関連キーワードを使った記事からアクセスを流すといったことができます。

他にも「記事を読んでもらうためには?」と単純に考えれば、TwitterやFacebookなどのSNSからアクセスを流すということもできますね。

アクセスを集めるためには狙い目のキーワードで上位表示する必要があるってわけでは全然ないです。だから、役に立てそうな記事が書けると思ったら、ライバルが強くても書いてしまっても良いって思いますね。

ドメイン評価が上がれば今は無理でも後で上位表示できるかも

もう一つの理由は

ドメイン評価が上がれば今は無理でも後で上位表示できるかもしれない、というのがありますね。

もうちょっというと、、、

真面目に記事を書き続けブログを運営していけば、検索エンジンによるドメイン評価も上がっていきます。

「最初は検索ボリュームのめちゃめちゃ少ないスモール・ニッチキーワードしか上位表示できなかったけど、そこそこ検索ボリュームのあるミドルキーワードでも上位表示できるようになってきた

そんなこともあるかもしれません。

まあ正直言うと、このarupaブログみたいな色んなジャンルが混ざったような雑記ブログみたいなのだと、難易度高めなキーワードでの上位表示は現実的ではないです。。。しかし、専門性の高いブログだと、前に作成した記事が時間をかけて難易度高めのキーワードでの上位表示を達成すると言うことあるかもしれません。

検索エンジンは検索キーワードに対する答えを返せる質の良いサイトの記事を上位表示させようとアルゴリズムを改良しています。だから、リライトしまくりで適当に記事を書くのではなくて、真面目に良いコンテンツを作ろうと思って書けば可能性はあります。

「ライバルが強そうだから無理か」と諦めるのではなく、挑戦してみるのも価値があるって思いますね。

ライバルが強そうだからって記事を書かないのは本当もったいないって思いますよ。

おわりにひとこと

このブログでも「このキーワードで上位表示するのは無理だろうなー」というものでも結構記事を書いています。

狙ったキーワードで上位表示は全然できてないですが、記事を書いたのが無駄にはなっていないですねー。