「何の経験もないんだけど。。。」それでもお役立ち記事は書けるという話

この記事について

ブログをやりたいと思っているけど、大した経験もないしお役立ち記事なんて書けそうにない。。。

今回はそんな人向けに「お役立ち記事を書くのは、そんなに大した経験はなくてもOKだよ」というようなことを書いていこうかと思います。

本当に何もない?

お役立ち記事なんて書けそうにない……と考えている人は、もしかしたら「上級者と言われるくらいの経験をもっていないと記事は書いてはいけない」と思っているんじゃないでしょうか?

ブログでお役立ち記事を書くのは、別に上級者である必要はありません。

「素人に毛が生えたレベル」だとしても十分人の役に立つ記事を書くことは可能です。

初心者・未経験者に向けての記事なら、、、

仮に「素人に毛が生えたレベル」だったとしても、初心者・未経験者に向けての記事なら普通に書けると思います。

「はじめるなら、こういう準備をするのがオススメ」とか「これを買って使ってみたら初心者の自分には役に立った」とかそういう初心者・未経験者向けの記事。
中級者や上級者に向けての記事を書くのは難しいですが、初心者なりにでも「何か役に立てることはないか?」と考えていけば書くことも見つかるはずって思いますね。

ハウツーとかお役立ち記事を書けそうにないっていう人は、記事を書くために必要な経験とか知識に対するハードルをぜひ下げてみてください。「素人に毛が生えたレベル」でもOKと考えれば色々書くネタも見つかるんじゃないかと思いますね。

これから経験してみるというのもアリ

仮に本当に何の経験もなくても、ブログははじめられます。

本当に何の経験もないというなら、何かを経験してその経験で学んだものをブログに書けばOKです。

経験したことがブログネタになる

ブログをはじめるにあたって何かを経験してみるというのもアリですね。

英語を学習してみるとか、プログラミングを学んでみるとか。何かを経験してそこで学んだものを記事にしていくというのもいいです。

このarupaブログには英語カテゴリーがありますが、このカテゴリーの記事も基本そういったスタイルで書いていますね。

経験してそこで学んだことを書くのは、ブログを続けていくためにも効果的

また「何かを経験してそこで学んだことを書く」というのはブログを続けていくためにも凄く効果的かと思います。

なにかを新しくスタートすればブログの新しいネタができます。素人に毛が生えたレベルのスキルの経験値をさらに学習することで上げていけば、書けることも増えていきます。

「ブログをやりたいと思っているけど、大した経験もないしお役立ち記事なんて書けそうにない。。。」という人はブログが続くかどうかという部分にも懸念があるかと思うんですが、そういったことは全然心配ないです。

「経験してそれをブログネタに!」ということを実践すれば、ブログも楽しく運営できるんじゃないかなって思いますよ。

おわりにひとこと

「経験してそれをブログネタに!」というのは、ブロガーの基本技って感じです。

ひきこもりニートなarupaは色々な経験が圧倒的に不足しているんですが、それでもブロガーの基本技のおかげでなんとかブログ記事を書けていますねw