洋書を電子書籍で読むことのデメリット

「気軽に辞書を引ける」というのはデメリットにもなる

電子書籍で洋書を読む場合、「気軽に辞書を引ける」というのはメリットです。しかしこれはデメリットにも。

最近、電子書籍で洋書を読んでいてそんなことを思いました。

簡単、気軽に辞書を引けるけど、、、

電子書籍は簡単、気軽に辞書を引けるけど、「ついつい引きすぎてしまう」というきらいがあります。

テキストを選択して、ほんのちょっとの操作ですぐ引けるので、「本当は引く必要はないんだけど。。。」というときにもつい辞書を見てしまったりします。例えば「一応意味は分かっているつもりだけど、ちょっと自信がない」というような単語で。。。

紙の本と比べて楽に辞書を引けるということは「早く楽に読むことができる」というメリットにもつながります。しかし、あまりにも頻繁に引きすぎるとそのせいで「読むのが遅くなってしまう」ということにもなります。
また、頻繁に辞書(英和辞書)を引いてしまうと、英文を読んでいる中、頻繁に頭が「日本語モード」に切り替わってしまうので、その辺のことも問題です。

どうせ辞書を引くなら、英英辞書を使ってみる

ではどうすればいいか? 辞書を使わないようにするというのが一番ですが、

何気に辞書を引きまくっていると癖になって、やめるのが難しかったりするので、そういう場合はとりあえず英英辞書を使ってみるのがいいです。

英英辞書を使えば一応プラスに

英英辞書に変えれば辞書を引きまくってしまったとしても、「英語には触れられている」ので英語の能力を上げるという意味ではプラスになるんじゃないかと思います。

英英辞書を使えば英語の発想なんかが学べたりします。だから、意味が広い単語とか、一応意味は分かっているつもりだけどちょっと自信がない単語とかは英和から英英辞書に切り替えた方がいいって思いますね。

AmazonのKindle、楽天のkoboは英英辞書が使えるはずなので、洋書を読むときに辞書(英和)引きすぎだなと思ったら英英に切り替えてみるのがいいです。英英辞書を使えば勉強にもなりますし良いんじゃないかと思いますね。

「英和辞書引きすぎだなー」と感じていた自分の場合は、最近英英を使い始めて読むスピードも改善されてきたように思います。英英を使うようになって、辞書を使う回数が抑えられたというか、無駄なことで辞書を引かなくなったというか。。。

辞書を引きすぎることで読むスピードが遅くなっているという人は、もしかしたら英英辞書を使うことでそういったことも改善できるかもしれません。