ドラゴンスピーチ11はWordPressでも使える

WordPressもOKだけど……

ドラゴンスピーチ11はDragon エディタや音声入力ボックスを利用して文章を入力するのが一般的かもしれませんが、

WordPressのエディタに直接入力していくこともできます。

WordPressでブログを書いてる人はそっちの方が早く入力できていいかもしれません。

ただ、WordPressのエディタに直接入力していく方法は問題点も。。。

ただ、WordPressのエディタに直接入力していく方法はちょっと問題点もありますね。

一つ目は安定性。

ドラゴンスピーチはWordPress上でもちゃんと入力できるんですが、「テキストフィールドが不明です」とか「音声がありません」といった警告?みたいなのが出てきます。そういったメッセージがでても普通に使えるのですが、使っていく上ではちょっと不安があります。

また、そんなに頻繁ではないですが、WordPressのエディタに直接入力しているとブラウザ(自分は主にchromeを使用)が落ちてしまうことがあります。
WordPressでドラゴンスピーチを使うのが嫌になるレベルでは全然ないですが、念のためにCtrl+S(【保存】のショートカットキー。WordPress上でも使えます)を押して、保存する癖を付けておいたほうがいいって思いますね。

ドラゴンスピーチはWordPressのエディタでも使えますけど、基本安定性の面では専用のDragon エディタや音声入力ボックスを使った方が上といった感じです。

もう一つ「修正」の問題が。。。

それともう一つが「修正」の問題があります。

ドラゴンスピーチはDragon エディタや音声入力ボックスで入力する場合は、修正したい箇所を選択して修正ボタンを押せば、間違って認識された箇所を修正することができます。

しかし、WordPressのエディタに直接入力する場合は、修正ボタンを押して修正できる箇所は、ドラゴンスピーチ側で「一番最後に認識した単語や文章だけ」です。

例えば実際にやってみると、、、

■「これは修正するために入力した文章です」

というのがあったら……修正ボタンを押して修正できるのは、「修正するために入力した文章です」という部分だけ(利用者の話し方によって、この部分は変わってくるはず。。。)

「これは」という部分を選択して修正ボタンを押しても、WordPressのエディタ上では反応してくれません。

修正ボタンを押し「これは」→「それは」とドラゴンスピーチに正しい答えを学習させたいと思っても、基本的にWordPressのエディタ上では難しいというわけです。。。

この部分はWordPressでドラゴンスピーチを使う上でのマイナスポイントです。

自分の場合は、認識率が頭打ちになった感もあり、そういったことを気にしないでWordPressのエディタに直接入力してしまっていますが、

まだ認識率が低いというなら面倒くさくても「音声入力ボックス」経由で文章を入力していくのがいいかもしれません。

そして、限界まで認識率を高め「これ以上修正して学習させても、認識率が上がらなくなってきた」と思ったら、直接入力するという方がいいって思いますね。

これは最初はちょっと大変ですけど、WordPressのエディタ上でドラゴンスピーチを使えるのはやっぱり便利。その価値はあるので「ドラゴンスピーチは持っていても、WordPressでは使ったことがない」という人はぜひ試してみてください。