究極の英単語はTOEICのために使える? 使えるとしたらどれがオススメ?

究極の英単語シリーズはTOEICに使える?

そんな感じの検索キーワードでこのブログに訪れる方が結構いるみたいなので、今回はその疑問に勝手に回答。

使えるかどうか答えを簡潔にいうと、
TOEIC対策の単語帳としても使うことができますよ。

オススメは?

究極の英単語シリーズの1000語ごとに書かれている「どのくらい英語力がつくかの目安」みたいなのを見てみると……

究極の英単語 SVL Vol.2 中級の3000語

■LEVEL5 大学受験~TOEIC挑戦に必要な5000語
■LEVEL6 TOEIC高得点が射程距離内になる6000語

究極の英単語 SVL Vol.3 上級の3000語

■LEVEL9 TOEIC900点越えを実現する9000語

上の2冊に「TOEIC」という単語が出てきます。

TOEIC対策の単語帳として究極の英単語シリーズのどれかを選ぶなら上の2冊が良いって感じです。

TOEIC対策用のものと比べたら負けるかもだけど結構使える

究極の英単語シリーズにはTOEICで良く出る単語にはTOEIC頻出単語のマークがついています。また、その中には例文がついているものもあります。

TOEIC対策として使う場合は、マークがついているものを重点的に覚えるという使い方もできますね。

TOEIC対策用の単語帳は色々とあるので、学習の効率を考えたらTOEIC用のものを選んだ方がいいですが、

TOEICのスコアも狙いつつ、「最終的に英語が出来るようになりたい」という目標があるなら究極の英単語シリーズで学習するのも悪くないかと思います。

TOEICを受ける人は「最終的に英語が出来るようになりたい」と思っている人は多そうなので、先を見越して究極の英単語シリーズで実用的な語彙を身につけるのも悪くないです。

究極の英単語シリーズは英単語帳としてなかなか良いものだと思うので、気になったらぜひ。

今年に入って本気で英語を勉強をしようと思って、アルクの「究極の英単語シリーズ」を購入。 ひとまず「暗記し終えたー!」というとこ...

このブログではレビュー記事も書いているので↑、気になったらそちらもチェックしてみてください。