WordPressでブログをやっているなら、WordPressのテーマをつくれるようになっておくと色々捗る

WordPressのテーマをつくれるようになっておくと色々と捗る

WordPressのテーマをつくれるくらいのスキルを持っておくと、ブログ運営をする上で色々と捗ります

スキルを得るために多少は苦労しますが、WordPressでブログをやっている人ならチャレンジする価値はあると思いますね。

自作テーマでブログ運営する気はないっていう人も

例えばこういうような本。

こういう本はホームページ制作とかWeb系の仕事をしたい人、自作テーマでブログ運営をしたい人くらいしか興味がないかもしれません。

しかし、それ以外の人でもWordPressでブログ運営しているならば、そういった本を読んでテーマを作成できるくらいのスキルを身につけておく価値はあります。

なぜかというと、一つはカスタマイズスキルが身につくからです。

上で紹介したような本の中には、どういった仕組みでWordPressのテーマが動いているかとかWordPressテーマ制作に必要な基本的なことが書かれています。

そして、その中には当然ながらカスタマイズに必要な情報も含まれています。WordPressテーマ制作の基本的なことを知って、主要なテンプレートタグが使えるようになるとカスタマイズもできるようになります。

カスタマイズは一からテーマを作成するよりは簡単なので、上で紹介したような本を一冊読み終える頃には、割と簡単にカスタマイズができるようになっているんじゃないかと思います。

そしてもう一つ、テーマをつくれるようになる利点は、WordPressのトラブルに対処しやすくなるという点もありますね。

WordPressのテーマを作成できるくらいのスキルがついてくれば、HTML・CSS・PHPなどの知識でトラブルに対処するために最低限必要なものが得られているはずなので、何かトラブルが起きても対処しやすくなります。

WordPressは単純なCMSではなく複雑なものだから、テーマを作れるようになったからといって全てのトラブルに対処できるというわけではないです。しかし、1冊本を読んでテーマをつくれるようになっておくと、トラブル解決の糸口くらいは楽に探せるようになるはずです。

カスタマイズできるようになると得られるもの

今はテーマ側で初心者でもある程度カスタマイズできるような機能を用意してくれているものがあります。しかし、カスタマイズスキルがあるとそういった機能では実現できないような本当に細かくて複雑なことを実現することができます。

記事のカテゴリーによって、表示する広告を変えたり、または広告を表示しないようにしたり、通常2カラムのものを1カラムにしたり。。。

そして、そういう細かいカスタマイズは、滞在時間・PV数をアップさせたり、広告のコンバージョン率を上げたりすることにつなげることもできます。

滞在時間・PV数をアップさせたり、広告のコンバージョン率を上げたりすることはブロガーなら興味があることだと思うので、カスタマイズスキルを身につけることは価値があると思いますね。

意外と難しくない

カスタマイズスキルをつけるためにテーマ制作の勉強!

というと、なんだか難しそうと感じてしまう方もいるかと思いますが、意外とそんなことはないと言いたいです。

「めちゃめちゃ簡単」とはいかないかもしれませんが、Web系の知識がなくてちょっと苦手意識があるという人でもなんとかなるレベルです。

もうちょっというと、、、

テーマ制作の勉強をするにあたってあった方が良い知識はHTML・CSS・PHPの基礎知識。こう書くと「やる気がそがれる……」と感じてしまうかもしれませんが、正直深い知識はなくても問題はないです。

初心者向けの本を1冊ざっくりと読むくらいでも(完璧に読むのではなく、全体像をつかむくらいのざっくりさでOK)大丈夫です。

ホームページ制作とかWeb系の仕事をしたいから勉強するというのであれば、HTML・CSS・PHPの知識はしっかりと身につけておかないといけないけど、そうでないというならそのへんは緩くやっても問題ありません。

曖昧で分からない部分があっても、あとでカスタマイズしたりして経験値を積むと理解できるようになったりしますので、気軽に挑戦してほしいです。

WordPressテーマ制作の勉強は、初心者向けに1から丁寧に説明してあるような本であれば、少なくとも「全然分からない、ちんぷんかんぷん、お手上げ」ってことにはならないと思いますよ。

カスタマイズスキルをつけるためにテーマ制作の勉強をすることは、ブロガーならブログネタにもできます。

テーマをつくれるようになっておくと、WordPressでのブログ運営に間違いなく役立つと思うので、個人的にはチャレンジするのがオススメって思いますね。