【英語学習】洋楽のオススメな利用法・勉強法は?

意外と英語学習に利用しづらい

「洋楽を聴いて楽しく英語学習しよう」みたいな話がありますが、実際にやってみると意外と利用しづらいです。

なんというか「利用できないことはないけど、もっと最適な学習方法があるよなー」と思ってしまうんですよね。

例えば、邦楽を聴いて日本語を勉強しようとする外国人がいたとして、、、

例えば、こういうバンド

打首獄門同好会というバンドなんですが、こういう感じのバンドの曲で日本語を勉強しようとしている外国人がいた場合どうでしょう?

「別に学習に使えないことはないけど、もっと最適な学習方法あるだろう」なんて思ったりしないですか?

これは↑のバンドだけじゃなく、どのバンドやアーティストにもいえることですけど、、、

曲の詞は文法的にはあっているかどうか、なんて基本考えて作っていないんじゃないかと思います。しかも、バンドやアーティストによっては、詩は抽象的、難解で日本人ですら理解が難しいものがあったりします。
またメロディーに乗せているから、発音的にも学習に向いているとは言えないかと思います。

曲を使って語学の勉強をするのは「楽しんで出来る」という利点もありますが、上で書いたように学習に最適といえない部分もあるかと思います。

上で書いたことは英語学習する際にも当てはまって、自分も洋楽を聴いて勉強しようと思ったことがあるんですが正直「ちょっと微妙かも」と感じました。

ちなみに、、、

ブログ主、arupaの最近好きなバンドは

Bring Me the Horizon

Muse

とか。

有名なバンドなので知っている方も多いと思いますが、、、

もし知らないなら良いバンドなのでぜひ聴いてみてください。

口語的な表現、単語やイディオムを覚えるのには結構使えるかも

洋楽を英語学習に使うのは「ちょっと利用しづらいなー」というか、使いどころに迷う部分があるんですが、、、

でも、口語的な表現、単語やイディオムを覚えるのには結構使えるかもしれないなとも感じます。

もうちょっというと、、、

リーディングやリスニングのトレーニング代わり……「英語を処理する訓練」としては洋楽を使うのは微妙かなと思います。しかし、単語などを覚えるのには結構役立つんじゃないかって思います。

曲の中には口語的な表現、単語やイディオムが結構多く登場します。これは自分の聴いているジャンルがロック・ポップ系が多いってことも関係しているのかもしれませんが、

詩を見ながら曲を聴いていると、知らなかった単語やイディオムなどを良く発見します。

自分のOneNoteにメモってある知らなかった単語リストをチェックしてみると、何気に洋楽から得られたものは多いです。

そして、曲の中に知らない単語があったなら、その曲を何回も聴いていると、苦労せずとも覚えることができます。これは単語帳などではちょっとできないことじゃないかと思いますね。

洋楽を英語学習に利用してみようかなという方は、良く聴いているバンドやアーティストの曲の中に、知らない単語やイディオムなどがないかチェックしてみる価値はあるって思います。

そして、もしあったならその曲をひたすら聴きまくる、と。。。

洋楽なら楽しく何回でも聴けてしまうので、単語帳などで覚えるにちょっと厳しいような、知らない単語も覚えられてしまうんじゃないかと思いますね。