【部屋を綺麗に保つために】徹底的にいらないものを捨ててしまう

「モノ」はあればあるだけ部屋を散らかしてしまうリスクに

極端なことを言うと、部屋が散らかってしまう理由はモノが部屋にあるから。。。

だから、部屋を綺麗に保ちたいというなら、徹底的にいらないものを捨てていき、「モノを散らかしてしまうリスク」を減らしいく、というのもアリ。

これは本当極端な話ですが、試す価値はあるかと思います。

「断捨離的なこと」をやって思ったこと

最近「断捨離的なこと」をやったブログ主、arupa。。。(断捨離の本は読んだことがなくざっくりとしたイメージしかないので、あくまで断捨離”的”)

やったことは本当に「これは必要」と思うもの以外、全部捨ててしまうという感じ。

ミニマリストになりたいわけではないですが、掃除後の自分の部屋は何となく「ミニマリストっぽい部屋」になりましたね。

それで、かなりスッキリした部屋になってからもう1ヶ月くらい経つんですが、

思うのは「徹底的にいらないものを減らしていった部屋というのは、散らかりにくいな」っていうこと。

ものが多かったときは「整理整頓を上手く出来なくて、ちょっと散らかってしまったな……」

ということも結構あったのですが、スッキリした部屋になった今はそういうことはないです。

そもそもモノがかなり少なくなっているので、散らかりようがない感じです。

まあ、それでも生活しているとどうしてもゴミは出てしまうのですが、、、そういう生活で出たゴミは捨てるかどうかで迷うことはないので、掃除自体はめちゃめちゃ楽になります。
モノを少なくしておけば「これは捨てるかどうか? 捨てないのだったらどのにあたりに片付けておけば良いか?」ということで悩むことが少なくなるので、やることがシンプルになり、少ない労力で部屋を綺麗な状態にしておくことができます。

徹底的にいらないものを捨ててしまう、というのは部屋を綺麗に経つもためにかなり有効かと思いますね。

いつも部屋が散らかりがち……という人は思いきって、いらないモノを捨てて部屋の中をシンプルにしてしまうというのもいいと思いますよ。

実際に、やってみると「これ後で使いそう。。。捨てるのもったいないな」という風に頻繁に思ってしまうかもしれませんが、、、

基本掃除するときになって「あれ、これは!?」と思い出す品は、後で使うという機会はそうないはずです。掃除する機会がなかったら忘れられていただろう品で、それが必要になる可能性はかなり低いかと思いますので、意を決して「ポイっ」としちゃってください。

本当に必要になったらまた手に入れればいいし(ものがあふれている時代なので再び手に入れることができないってことはないかと)、個人的には徹底的にいらないものを捨ててしまうというのはかなりオススメ。