【レビュー】実践力を身につける Pythonの教科書

実践力を身につける Pythonの教科書

Pythonの学習のため「実践力を身につける Pythonの教科書」って本を購入。

とりあえず読み終わったのでざっくりとレビューしておこうかと思います。

買った理由

一応、この本を買った理由を書いておくと、「基礎的なこと + 実践的な内容」が載っている本を探していたため。

pythonの学習はウェブサイトでもやっていたのですが、自分がやっていたサイトは基礎的なことを淡々と解説していてちょっと退屈で飽きてしまい……

それで、何か「作りながら覚える」的な入門書がないかなと色々本を探してみたというわけです。

「実践力を身につける Pythonの教科書」は基礎的なことをやった後に、実践編として実際にアプリつくってみるという構成。自分には良さそうってことで購入を決めました。

プログラミング系の本は電子書籍より紙の本派。

インストールするところから。

入門書としてバランスの良い本だと思う

で、感想はというと、、、

この本は入門書としてバランスが良く、なかなか分かりやすい良い本かと思いますね。

個人的には買って良かったと思った本です。

入門書を探しているなら

「実践力を身につける Pythonの教科書」は入門書を探しているというなら選択肢に入れておいて損はない一冊なはずです。

著者の説明が分かりやすいので、プログラミング初心者という場合でもPythonの基礎をしっかりと身につけることができるかと思います。

実践編に入ってくると説明が簡素になってきて「なんか説明が足りてないような。。。」と感じる部分が多くなってきますが、、、内容的には難しすぎるということはなく、その辺りは自分でググったりすればなんとかなるレベルです。プログラミング経験者じゃないとついて行けないというレベルでは全然ないはず。

実践編でつくるアプリについては機能がシンプルすぎて物足りなさを感じてしまいますが、最初に入門書で自分で打ち込んでいくコード量的にはちょうどいいかなという感じもします。
シンプルすぎると言ってもしっかりと形のあるものを作るので、「何かを作りながら覚えたい」という人も満足できるかと思います。

基本的にはこの「実践力を身につける Pythonの教科書」は基礎的な内容にプラスして実践的な内容も載っているので、バランスが良く入門書として最適な本になっていると思います。

基礎的なことだけを淡々と紹介しているだけの本だと飽きてしまいやすいですが、実践的な内容が載っていて、「何かを実際につくってみる」的な内容だとモチベーションが維持しやすく、スタートで躓きにくいです。

そういったわけで「何か良いPythonの入門書がないかな」と探しているなら、この本はかなり良い選択肢なんじゃないかと思いますね。

Pythonの入門書をお探しならぜひぜひ。

シェアする

フォローする