気づいたらarupa ブログが一年以上続いていた、という話

気づいたら一年経過

久々なブログ更新ですが、今回はただの日記的な記事。

タイトル通り、「気づいたらブログ開設してから一年以上経過していたなー」という話です。

続けられている理由。。。

ブログをスタートしてから一年以上経過していて、記事数はこれを入れて114記事目。挫折しやすく、物事を投げ出してしまいがちな自分としては結構続いているなーと思います。

で、その理由を考えてみると一番は「気負わず緩くやっていこうと思って運営している」のがいいのかなーと。
モチベーションが下がったら無理に頑張ろうとせずに、再びモチベーションが復活するまでブログから離れていようという考えで、これがブログを続ける上では結構効果的だなと個人的には思います。

運営日数、記事数が増えてくると、ブログを消しにくくなってくる

ブログ運営1年経過して思うのは、運営日数、記事数共に増えてくると、「辞めよう」と思ってブログを消そうとしても難しくなってくるな、ということですね。

仮に何か嫌なことがあって衝動的に「ブログなんて辞めてやろう」なんて思っても、消すのがもったいないという気持ちが大きくなっているから、ちょっとやそっとではブログを消すことはできないな、と。。。消すためには相当なダメージが無いと無理と感じますね。

ブログから出ている成果だったり、ブログに費やした時間だったりを考えると、ブログをやめてしまうというのは難しくなってくるのですが、
これはある意味で、続けないと得られないものの一つで、これからブログを運営していくのに間違いなくプラスになってくれそうなものと感じます。

これまでブログを運営していてまだ大した成果は得られていませんが、ブログを続けて行くのに重要なものは手に入れられたので、これからも緩く頑張っていこうかと思いますね。

おわりにひとこと

ちなみに、現在やっていることはというとアフィサイト作成と、DjangoでWebアプリ制作の勉強。。。

そっちで何か学んだことがあれば、このブログに投下していこうかと思っています。