【長い英文を読むのが苦手な人に】リテンション能力をアップ・向上させる3つの方法

英文を読むとき、特にセンテンスが長い場合は「リテンション」の能力が重要になってきます。

この記事では「リテンション」が上手くいかない、難しい……

と、困っている方向けに「リテンション」能力を上げる方法を紹介します。

マークをつけて読むようにする

もしまだ英文を読むのにそんなに慣れていないというなら、マークを付けて読むようにするというのが効果的。

自分も英語学習開始時は「マーク」にかなり助けられました。

マークつけるのは、リテンションしなければいけない部分とその後の文の間に線をつけるだけでもかなり役立ちます。

そういったマークはリテンションする際に脳の負担を減らしてくれますよ。かなり読みやすくなるんじゃないかと。

また、「マークを付けるようにすると、マークなしで読めなくなるのでは。。。」と不安になってしまう方もいるかと思いますが、全然そんなことはありません。

むしろマークは「あとでマークなしで読めるようになるためのガイドライン」になってくれます。
マークがどうやって英文を捉えていくのかをガイドしてくれるというか、後で感覚的に読めるようになるための手助けをしてくれる感じです。

リテンションというのは最初はなかなか難しく感じますが、マークを付けてよむことで段々と「上手く」できるようになってくるかと思うのでぜひ試してみください。

ちなみに、、、

自分は英語ネイティブスピードリーディングという本に書いてあるマーク法を使って読んでいました(さすがにマークの付け方を載せるわけにはいかないので、気になった方はぜひ読んでみてください)

これがあるおかげで英語初心者の段階でもスムーズに英文を読めたんじゃないかと思いますね。

洋書を読み切る

リテンション能力を上げるための方法の一つは簡単に言ってしまうと「慣れ」
慣れるためにひたすら英文を読んでいくというのが良いです。

……ただ、そういってしまったのでは身も蓋もないので「ひたすら英文を読んでいく」というトレーニングをやる上でのアドバイス的なのをあげてみると、洋書を1冊読み切る、というのが効果的です。

これは前にも同じようなことを書いた気がするのですが、洋書を読むことがなぜリーディング能力を上げるのに良いかというと、

「色んな人の文章を沢山読むのではなく、一人の人が書いた文章を沢山読む」というのが効いているんじゃないかと思います。

英単語が楽に覚えられる 洋書を読むことで得られるものの一つが語彙。 洋書だと英単語が覚えやすく定着もしやすいですね。...

一人の人が書く文章は癖というかパターンがあって、一つのジャンルのことを書いていくことでそのパターンが顕著になってくる、と。。。
それで、色んな人が書いた、色んなジャンルの文章を沢山読んでいくより、本で一人の著者の文を読んでいく方がパターン・リーディングするためのコツみたいなのを早く会得しやすいんじゃないかと感じます。

洋書を読むことはリテンション能力もそうですが、リーディングの能力全般を上げるために凄く役立ちます。

ドラクエで例えるなら、洋書を読むことは「はぐれメタル」を倒すくらいのインパクトがあります。経験値はかなり稼げるんじゃないかと思いますね。

自分も最初は「リテンションって難しい」って思っていたのですが、洋書1、2冊くらい読んだ頃からそういう苦手意識はなくなってきました。

最初はネット上の記事とか英語教材に載っている記事とか短い文章を沢山読んでいくというのもいいですが、そういうので英文を読むのになれてきたらぜひ洋書を一冊読み切るというのをオススメしておきたいです。

リテンション能力だけではなくリーディング能力全般がグンと上がるはずですよ。

スピーキングの練習|日本語感覚でぱっと言えるような文をストックしていく

自分は今現在、スタディサプリ ENGLISHでスピーキングの練習をしてて、「中学レベルの文を日本語感覚でパッと言えるようにしていく」というのをやっているのですが、

そこで感じるのはリーディング能力にも良い影響があるなということ。

もっと具体的にいうなら「リテンションする際の脳の負担が減っているな」ということを感じます。

理屈としては「日本語感覚でパッと言えるような文は、リーディング時に出てきた場合には頭を働かせるまでもなくスラスラと読める」

そして「リテンションしなければならない部分に同レベルの文がでてきた場合なら、一時記憶に留めておくのが簡単になる(むしろ余裕になる)」ということなんじゃないかと思います。

複雑そうに見える長文も分解してみれば簡単なものであることが多く、リテンションしなければならない部分もシンプルであることがほとんど。

だから、スピーキングの練習をして中学レベルのものからコツコツ日本語感覚ですぐに言えるような文を頭にストックしておくのは、リテンション能力を上げたいという人には価値のあるトレーニングなんじゃないかと感じます。

リーディング能力を上げたいならひたすら英文を読んでいくというのもいいですが、スピーキング練習をやってみるというのもまた効果的。

リテンション能力を上げリーディング力をアップさせたいなら、ぜひスピーキング練習も取り入れてみてください。
「英文を頑張って読みまくっているけど、特にリテンションが上手くいかない。。。」という人はスピーキング練習を取り入れることで、能力が一気に伸びるかもしれませんよ。