アルク 究極の英単語 レビュー・評価|英語を本気で学習したい人の単語帳ならこれ!

アルファベットのクッキー

今年に入って本気で英語を勉強をしようと思って、アルクの「究極の英単語シリーズ」を購入。

ひとまず「暗記し終えたー!」というところまで来られたので、「究極の英単語シリーズ」をレビューしておこうかと思います。

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語の内容・感想

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

自分の場合は英語力が相当低かったので、Vol.1 からスタートすることにしました。

Vol.1 は単語「I」からはじまるだけあって、収録されている単語は本当にもう基礎中の基礎といった感じのものが多いです。
だから、ある程度英語を勉強した人、自主的にはやってなかったけど、中学、高校、大学受験あたりで一応英語を勉強した記憶があるなんていう人なら、「知っている単語ばっかりで損したなー」と思ってしまうかもしれません。義務教育でも英単語はある程度覚えさせられるはずなので、ほとんどの方は物足りないと感じてしまうんじゃないかと思います。
英語の勉強は中学の時にしかしていなかった自分の場合でも、(しかも、不登校がちだったのであんまり授業に出ていないというw)知っている単語の方が多かったです。

しかし、それでもこの巻の単語帳「完全に無駄になってしまった」ということはなく、少ないながらも役立つところはあるかと思います。

学校の授業では触れる機会が少ないと言われる句動詞も結構載っていますし

drop in at ~(~に立ち寄る)
stand for ~(~を表す)
show off ~(~を見せびらかす)

誰でも知っている単語だけど、「こんなマイナーな意味もあるよー」みたいなのも結構あります。

long(動詞としても使うことができ、待ち望む・切望するといった意味も)
last(こちらも同じく動詞として使える。続く、持続する、足りるといった意味がある)
story(a nine-story buildingで9階建てのビル。主に(英)で使われているよう)
fine(罰金という名詞、~に罰金を科すという動詞でも使える)

Vol.1は大部分の人にとっては「ぬるい」と感じてしまうであろう単語帳なので、オススメするのはちょっとためらってしまいますが、本気で英語を頑張ろうと思っているならVol.1からスタートしてみるというのも悪くないです。中古で買えば多少安く買えるので、ゲットしておくのもいいと思います。

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語の詳細をチェック

究極の英単語 SVL Vol.2 中級の3000語の内容・感想

究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語

自分にとっては「暗記してるなー」と思えてきたのはこの巻の単語帳からです。Vol.1でも覚える部分はそこそこありましたが、それを覚えたからといって「進歩したな」というような感覚は全然なく、Vol.2を覚えたことでようやく「あれ? ほんの少しだけど英文が読めるようになってきた?」みたいのが実感できるようになってきました。

中級編のVol.2に収録されている単語は

英文読解の土台となる4000語
大学受験~TOEIC挑戦に必要な5000語
TOEIC高得点が射程距離内になる6000語

の計3000語となっていて、これを覚えることが出来れば、TOEICや大学受験でも良いスコアが取れると思いますし、学習者向けの教材で勉強していて「知らない単語が多くて、結局文法やリスニング、リーディングの勉強じゃなく単語の勉強がメインになってしまった」となってしまうことを避けられると思います。

この巻の単語帳はボキャブラリーの基礎固めとして覚えておいて損はないんじゃないかと思いますね。英語学習の目的は色々ありますが、どんな人でもこれを覚えておけば必ず役に立つはずです。

究極の英単語 SVL Vol.2 中級の3000語の詳細をチェック

究極の英単語 SVL Vol.3 上級の3000語の内容・感想

究極の英単語 Standard Vocabulary List [上級の3000語] Vol.3

Vol.3は「英字新聞・雑誌がスラスラ読める! TOEIC900点も実現」出来る単語帳だそうで、自分的には一番楽しみにしていた単語帳です。
自分は「洋書を読みたい! 英語圏のウェブサイトを色々と見てみたい」というのが英語を学習する一番大きなモチベーションだったので、単語を覚えていくのもこの巻が一番楽しかったです。

表紙に書いてある「英字新聞・雑誌がスラスラ読める」というのはちょっと大げさかなと感じる部分もあるのですが、Vol.3を終わらせればネットの記事などを読んでいても知っている単語の方が圧倒的に多くなり、知らない単語は本当に少なくなってくるので、英文雑誌も怖くないというのもあながち嘘でもないなと思いましたね。

自分の場合はこの巻を終わらせて「英文が読めるようになってきた!」とリーディングに関しては少々自信がついてきました。
自分と同じように「洋書を読みたい」とか「英語圏のウェブサイトを楽しみたい」なんていう目的の方には、「究極の英単語 SVL Vol.3」はかなり良い単語帳じゃないかと思います。上級というわりにはそんなに難しい単語は出てこないですしオススメって感じです。

究極の英単語 SVL Vol.3 上級の3000語の詳細をチェック

ちなみにこのVol.3に含まれているのは以下の3000語

英字新聞を読むのが楽になる7000語
英文雑誌も怖くない8000語
TOEIC900点越えを実現する9000語

究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語の内容・評価

究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語 (究極シリーズ)

そして最後が「究極の英単語 SVL Vol.4 超上級」

「Vol.3の上級編がそんなに難しくなかったし、超上級編もそんなに難しくないだろう」と思って挑んだのですが、この巻は難易度は高めでしたね。

自分的には「日本語でもそんな言葉知らない&日本語の辞書を読んでもピンと来ない」という単語がありましたし、「それ本当に使う機会多いですか?」と思ってしまうような単語も結構ありました。
また、日本人としてはなじみの薄い宗教に関する語も多かったので、少々覚えるのが辛かったです。

一応単語のいくつかをピックアップしてみるとこんな感じなんですが

ode オード、特定の人・物に寄せる叙情詩
amble  (馬が)側対歩で歩く、のんびり歩く
fauna 動物相、ファウナ(一定地域内の動物の全種類)
friar 托鉢修道士
evangelist  福音伝道者、巡回説教者 、熱烈な支持者

なんというか、「これ覚えて意味あるの?」なんてもやもやしながら暗記してましたね。

しかし、とはいうものの、この巻の単語帳はかなり苦戦しましたが、評価的にはなんだかんだいって「さらに英文を読むのが楽になった」という実感があるので、覚えておいて良かったなと思ってます。
表紙にある「TOEIC満点を超えてネイティブも驚く語彙マスターになる」というフレーズは明らかに「言い過ぎだろう」と感じますが、Vol.4も本気で英語が使えるようになりたいと思っている人には良い単語帳だと思います。

究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語の詳細をチェック

Vol.4は以下の3000語収録。

英文雑誌を余裕で楽しめる10000語
視野がグーンと広がる11000語
語彙マスターになる12000語

究極の英単語 SVL 12000語 音声CD-ROMもついでにレビュー

究極の英単語、シリーズ通してのレビュー……の前に音声CD-ROMの方も簡単にレビューしておきます。

CD-ROMの内容ですが、訳の日本語は一切入ってなくて、英語のみがちょいゆっくり目のナチュラルスピードで収録されています。
Word List の方は英単語がそのままポン、ポンとテンポ良く入っていて、Power Sentences の方は「最初に例文が読まれてから、次に単語のみが続き、最後にもう一度同じ例文が読まれてから次の文へ」という感じで進んでいきます。

自分の場合、音声CD-ROMの評価については可もなく不可もなくといった感じです。「リスニング力を鍛えたい。リピーティング、シャドーイングといった練習もしたい」なんていう目的はなく「一応、何回かネイティブの発音を音声で確認しておきたい」という目的だけで買ったので、特に不満な点はなかったです(強いていうなら、間が短すぎるくらい?)
ネットのレビューで見られた「音声ファイルがいくつか不足している」というのも、自分が買ったCD-ROMにはそういったことはなかったので概ね「まあ買って良かったなー」って感じですね。

究極の英単語シリーズは発音記号もついているので、音声CDは必ずしも必要ではないのですが、自分みたいに「発音が苦手で、ネイティブの発音を確認しておかないと不安」という人はこのCDを買ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

究極の英単語 シリーズ通してのレビュー

レビューの星

最後に究極の英単語 シリーズ通してのレビューです。

先にこのシリーズの悪い部分から書いてしまおうと思いますが、このシリーズの単語帳は「究極」とタイトルに付いている割には少々残念な部分が多かったですね。自分が期待しすぎただけかもしれませんが、「ここ直してくれたならなー」と思ってしまったことも結構多かったです。

まず、例文が全部の単語に付いていないっていうのは残念な部分ですね。

「Word List」は名詞、形容詞、副詞あたりがメインに入っているんですが、「これは例文がないと覚えるのがキツい!」というのが結構ありました。特に上級編以降の形容詞。
「Word List」は単語だけじゃなく使い方も載っていて多少覚えやすくはなっているんですが、上級編以降の形容詞は「使い方付きでも覚えにくい」と思いましたね。
自分の中では単語が覚えやすいかどうかは「頭の中でイメージできるかどうか」で決まってくるんですが、上級編以降の形容詞はもう全然ダメ。単語のいくつか上げてみるとこんな感じなんですが

pompous :(人や態度などが)もったいぶった、尊大な、(言葉などが)大げさな、気取った

ethereal :微妙な、霊妙な、きわめて優美な、空気のような、軽やかな

uncanny :不気味な, 不可思議な; 神秘的な

こういうのは使い方付きでもはっきりしたイメージが浮かばずに、本当に覚えるのがキツかったです。似たような意味の単語、スペルが似てるものもあったりしたので難易度は高めでしたね。

また、名詞でも「動詞にも使えるというような単語」もあって、そういうのも例文が欲しかったです。
正直、「Word List」の単語全部に例文は付けなくていいから、覚えるのが難しいようなのには例文を付けてくれたらなありがたいなとそんな風に思いましたね。

それから残念な部分は、Vol.1 Vol.2についてくる「英文法」。これは完全にいらないなーと思いましたね。英文法を学習したいという人なら絶対別の文法がメインの本を買ってるだろうし、「なんでこれを付けてしまったんだろうか?」と正直思いました。それだったら例文を追加してくれたり、Vol.3のReview Passage(単語帳に含まれる単語が使われた英字新聞・雑誌スタイルの記事)を追加してくれたりした方がよかったですね。

それから、細かい残念な部分をまとめて言ってしまうと

■解説が少ないというか、ない(「派生語にこんな語がある」といった解説もなく、発音記号や意味といった本当に最低限なことしか書かれていない感じ)

■発音記号に間違い?がある単語がいくつか(辞書を引いてみたけど、単語帳と微妙に異なるものが少ないながらいくつかありました)

■なんだか例文が怪しいのもいくつか(SVLから単語を選んで例文を作らないといけないという制約から、少々強引さを感じられるようなのも。例文を覚えてスピーキング、ライティングに役立てようという使い方はちょっとやめておいた方が良いかも)

このあたりも少々残念な部分ですね。本当、細かいことかもしれませんけど、個人的には気になった部分でした。

究極の英単語 シリーズの良い部分は?

ここまで悪い部分ばかり書いてきてしまいましたが、「良い部分がないのか?」といわれれば全然そんなことはなく、

■単語の収録数

この部分で究極の英単語シリーズは優れていて、他にない素晴らしい単語帳だと思います。

悪い部分を少々書きすぎてしまったかもしれませんが、なんだかんだいってシリーズを通して12000語を収録してくれるのは凄くありがたく、個人的にはこの部分で「マイナスが全部チャラになるレベルで良い」なんて感じています。
他の単語帳は、TOEICや英検などに特化したモノが多く、単語数も多くて数千語というものがほとんどなので、ネイティブスピーカーの使用頻度をベースにこれだけの単語を収録してくれた「究極の英単語シリーズ」はそれだけで価値があるって思いますね。

特に自分と同じように「洋書を読みたい! 英語圏のウェブサイトを色々と見てみたい」というような人なら、とにかく英単語の数を多く覚えておかないと話にならないので、「究極の英単語シリーズ」は本当オススメって言えます。
英語を本気で使えるようになりたいという人でも「究極の英単語シリーズ」はもっておいて損はない単語帳って思いますね。

この記事について 今年に入って英語学習を始めました。そして、究極の英単語シリーズの12000語を1...

↑こんな記事も書きました。究極の英単語シリーズにチャレンジする際に役立つかと思います。。。

シェアする

フォローする