【おすすめ英語学習アプリ】スタディサプリ ENGLISHのレビュー・評価!【ただいま実践中】

スタディサプリ ENGLISHをレビュー!

コスパ抜群すぎる英語学習アプリ、スタディサプリ ENGLISHをレビュー!

実際にスタディサプリ ENGLISHをやってみてどうだったかというのを書いていこうかと思います。

ENGLISH_AF_001

レビューに行く前に……「スタディサプリをやろうとしたきっかけ」

レビューに行く前に……一応、自分がスタディサプリ ENGLISHをやろうとしたきっかけを書いておきます。

なぜやろうと思ったのかというと、「アウトプットのトレーニングをしたくなったから」ですね。

自分は英語学習をはじめてから1年半くらいになるんですが、やっていたことはほとんどインプットのトレーニングだけといった感じです。
アウトプットのトレーニングは「リスニングがある程度できるようになったら本格的にやろう」と思っていたのですが、自分が思ったレベルに到達するのはかなり難しく、そのときが訪れるのは当分先……。だから考えを改め「アウトプットのトレーニングもやるようにしていこう」と思ったわけです。

それでアウトプットのトレーニングをやろうと思って「何か教材とか本とかないかな?」と探してみたんですが……最終的にたどり着いたのがスタディサプリ ENGLISH。

スタディサプリ ENGLISHは評判の良い英語学習アプリで、アウトプットのトレーニングも出来るということだったので実際に試してみることにしました。

一応、有料プレミアム会員のお試し期間内で(1週間無料期間があってリスクなしでプレミアム会員を試すことが可能。無料期間中に解約すればお金がかからないシステム)
しっかり試してから課金をしようと思っていたんですが、、、

これが思った以上にかなり良い英語学習アプリで、お試し期間一日目で「これは課金しなければ」と決めました。

スタディサプリをメインの英語教材にして、レベル1からレベル7までがっつりやってやろうと思ったわけです。

ENGLISH_AF_001

↑PCでも使えますよ。自分はPCで利用してます。

とりあえず、スタディサプリ ENGLISHの感想! ここがちょっとダメ

このレビュー記事ではレベル1からレベル7までがっつりやって、それで「実際どうだったか?」というのを書いていこうと思いますが、

ひとまず2週間ほどしっかりとやってみての感想を書いてみたいと思います。

まず、「スタディサプリ ENGLISHのここがちょっとダメ。。。」というのを書いてみると……

なりきりスピーキングの発音判定がちょっと残念ってことですね。

なりきりスピーキングには自分の発音を判定してくれる機能がついているんですが、これがちょっと不安な部分があって、「これ本当に判定大丈夫なの?」って思ってしまうことがあるんです。

判定機能が働いているのかどうか怪しいときがあり、たまにとんでもない発音を「OK」として通してしまうんですね(判定はOK、Good、Greatの3種類)

例えば、See you, Mary というのがあったとして……

「声優、宮城」(英語の発音に寄せたわけではなく普通に日本語)という発音を「OK」として通ってしまったり

「フンババ!フンババ!ヴァヴァンヴォー!!!!」みたいな言語とはいえない謎の奇声を「OK」として通してしまったり(どう考えてもOKではないんですけどw)

……たまにそんな不可解なことが発生します。

一番上の判定「Great」はあまりにも変な発音では得られないから、自分の場合は「Great」だけを狙うようにしていますが……ただ↑みたいなことがあると「Great」と出ても不安な部分があります。。。

正直、自分としては発音判定機能を完全に信用するのは良くないと感じましたね。
発音をよくしたいなら、発音に関する本を買って正しい知識を頭に入れておいて、自分の発音とお手本の発音を徹底的に比べることで精度を上げていく方がいいと思いました。

発音はサイトや動画サイトなどで学ぶのもOkですが、本ならこれとか良いです↑
必要最低限の発音の基礎知識は頑張れば短時間で学ぶことができるので、最初にパパッと終わらせるのがオススメですよ。

ちなみに、、、

ついでにいうと、スタディサプリ ENGLISHでは正しい発音の仕方も動画で教えてくれますが、正しい発音のお手本動画は自分が間違った発音をしたときしか見られないというのもあんまり良くないところ。

正しい発音のお手本動画は一気に見ることができるようにしたほうが、発音の学習をしやすいと思うのでそこはちょっと残念ですね。

スタディサプリ ENGLISHのここがイイ!

逆にスタディサプリ ENGLISHの良いところは?

スタディサプリ ENGLISHは「講師陣が豪華」「コンテンツ量が多い」「価格が安い」「ゲーム感覚で楽しく学習できる」など良い部分は沢山あるんですが……

自分的には「リスニングとスピーキングのコンテンツ・トレーニングがとにかく素晴らしい!」ってことを強く主張しておきたいです。

公式ホームページでは「話す力」「聴く力」を最短距離で身につけられるというようなキャッチコピーが書いてあるんですが、それは本当なんじゃないかと感じられるくらい質は高いです。

スタディサプリ ENGLISHはリスニング力を上げるためのトレーニングは色々ありますが、特に「リスニングPLUS」は素晴らしい。

「リスニングPLUS」は英語を聞き取れない原因を分析してくれて、その苦手を克服するためのトレーニングを用意してくれるというもの。そこではリスニングを難しくしている大きな要因である「音変化」を攻略するためのトレーニングを集中してできます。
「連結」「脱落」「同化」「短縮」「弱形」「変形」といった音変化が出てくるセンテンスだけを、集中してディクテーションでトレーニングできてしまうというわけです。

↑リスニングPLUSはこんな感じ

これはリスニング力を上げるためにはかなり強力です。

「音変化」にフォーカスしたリスニング教材はいくつかありますが、ゲーム感覚で気軽にディクテーションでトレーニングできるというのは本当かなり素晴らしいですね。

リスニング力を上げたいとい人は「リスニングPLUS」目当てでプレミアム会員になる価値はあるって思います。

それからスピーキングに関するトレーニングも素晴らしい。

まず「なりきりスピーキング」

「なりきりスピーキング」はスキットの中の登場人物の一人になりきってスピーキングの練習ができるというもの。

実際に英語が使われる状況・場面を想定したシミュレーションの中で、英語をしゃべることができるので英会話の練習になります。

よく使いそうな表現もそういうシミュレーションの中で使うとかなり覚えやすいです。単純に意味だけでなく、「その表現を使うのに最適な状況・場面」といった情報も一緒に記憶に結びつくので、実践でもすぐに使えそうです。

「なりきりスピーキング」は他にも発音を判定してくれる機能がついているというのもまた良いですね。

発音判定は悪い部分でも書いた通り完璧ではないのですが、使っていると自分の発音の苦手な部分が分かってくるので(自分の場合は「əːr」でひっかかることが多い。「əːr」は苦手っぽい)発音を良くしたいと思っている人にも使えます。
発音をよくしたい人には「お手本の音声」と「自分の音声」を簡単に比べることができるということもプラスなので「なりきりスピーキング」はぜひ試してほしいですね。

それから「クイックレスポンス」もスピーキング力をつけるためにかなり強力。

「クイックレスポンス」重要表現を制限時間内に話すというトレーニング

最初に練習(制限時間なし、訳と英文を見ることができる)をやったあとで、本番(制限時間あり、英文は見られず日本語だけ)をやるという感じのトレーニングで、これがなかなか効果的です。

重要表現を、異なった会話のシミュレーションの中で話したり、センテンスの一部を入れ替えて話したりというのを繰り返すのでかなり良いアウトプットのトレーニングになります。

例えば……重要表現「Let me know about it before the experiment.」だったら、、、

Let us Know about the date of the test.

Let her know about your idea.

Let them know about the party.

Let me know about tomorrow’s class.

Let me know about yesterday’s game.

という表現を日本語だけを見て制限時間内に言う……みたいな感じです。

最初に練習があって、、、

次が本番

復習もあって、これは前回の問題がランダムで出てきます。

例文をすぐにパッといえるようにする、またはその文の一部を入れ替えてすぐにいえるようにする……そういうようなトレーニングでスピーキング力を上げようというような教材はいくつかありますが、

スタディサプリ ENGLISHでもそれと似たようなことができてしまうというわけですね。

しかも、スタディサプリ ENGLISHなら制限時間付きでゲーム感覚でできるし、ちょっとした会話のシミュレーション付きです。

似たようなことをやるならスタディサプリ ENGLISHの方が一般教材より楽しく出来るのでかなりオススメです。

自分の場合、スタディサプリ ENGLISHのプレミアム会員の課金継続を決めたのは、「クイックレスポンス」があったというのはかなり大きいですね。

「なりきりスピーキング」もそうですが「クイックレスポンス」もやってコツコツと続けていけば、アウトプットする力はかなりついてくるんじゃないかと感じます。

スピーキングなどアウトプットする力を付けたいという人にはスタディサプリ ENGLISHはかなりオススメできるっていえますね。気軽に効果的なトレーニングが出来るので本当に良いですよ。

ちなみに、、、

クイックレスポンスですが、

今まで選択できていたのにメニューから突然消えて出来なくなったという場合……それはバグというわけではなくおそらく仕様。。。
メニューから消えた場合でも、トレーニングを進め時間が経つと選択出来るようになってるはずなので(多分、復習のためにそうなってるんだと思う。。。)
気にせずにトレーニングを進めてみてください。

レベル1をやってみての感想

ストーリー

中学生リクの家に、ある日突然4人の留学生がホームステイにやってきて共同生活がスタートする……というようなストーリー。

留学生がやってきて……というのは英語教材で出てくるストーリーとしてはちょっとベタ。。。簡単なあらすじを読んでもみても、どう考えてもストーリーとしては少々退屈そうな感じがします。

しかし、「逆転裁判5」「428 ~封鎖された渋谷で~」といった人気ゲームシナリオを手掛けた会社がストーリーを制作したというだけあって実際やってみるとなかなか面白かったです。

本当のゲームやアニメ、ドラマなんかと比べるとさすがに負けるけど、スタディサプリで出てくるストーリーの楽しさは、英語学習を続ける上でプラスになってくれると思います。
「大人も飽きさせないストーリー」と公式ホームページに書いてあったけど、嘘ではないと思いますね。

LV1のストーリー的には全然大人向けではないけど、クスッと笑ってしまうシーンがあったり、次がどうなるんだろう?とちょっと期待してしまったシーンがあって、個人的には結構楽しくできました。

学習内容

LV1は

  • 一般的な日常表現や言い回しを理解し、自己紹介などのやりとりができるようになる
  • 英語力の目安は英検5級程度

というだけあって、学べることは本当に基本中の基本なこと。

  • Hello.
  • How do you do?
  • Nice to meet you.

というところからスタートするだけあって、レベル的にはかなり簡単な感じです。

Be動詞、一般動詞、助動詞(出てきたのはCanくらいでshouldとかは出てこなかった気が。。。)の使い方だったり、疑問文(疑問詞を使ったものを含む)、否定文の作り方……

本当に0からスタートといった感じで、これがないと始まらないということから学習していきます。

LV1は学習内容的には英語学習をはじめたばかりというような小中学生や、英語を最初からしっかりと学び直そうというような大人に、という感じですね(学習内容は簡単だけど、実践的で使える表現も盛り込まれているので、大人でもやる価値はあります)

感想

LV1の内容は↑で書いたように簡単で、英語をある程度学習している人にとっては簡単で退屈すぎるかと思います。

しかし、アウトプットの練習のためスタディサプリをやることにした自分としてはLV1からやって良かったと感じます。

LV1は例えば、目的地までどれくらい時間がかかるのかを訪ねる表現、

飛行機でどれくらいかかる?

How long does it take by plane ?

というようなセンテンスが出てくるんですけど、これをすぐにパッと答えられるかといったらそうでもなく、多少もたついてしまうという人が多いんじゃないかと感じます。

自分も考えないでもセンテンスをつくりだせるというレベルではなかったです。
今までの感覚としては、単語一個一個を取り出し組み合わせ、なるべく早く、多少頭を働かせながらセンテンスを作っていくみたいな感じです。

だけど、レベル1をやった結果、基礎中の基礎レベルのセンテンスなら段々と頭を使わなくてもできるようになってきました。

単語一個一個を組み合わせてセンテンスをつくっていくというよりは、かたまりでセンテンスをつくれるようになってきた感覚です。基礎中の基礎レベルの文だけですけど、日本語をしゃべるときのように感覚的に使えるようになってきたという感じです。

リーディングも最初は単語一個一個のレベルで処理している感じだったんですが、上達するに従って「かたまり」で捉えられるようになり、割とスムーズに読めるようになってきたので、スピーキングなんかでも同じことが期待できるんじゃないかと思っていますね。

自分と同じようにアウトプットの練習をしたいというなら、内容が簡単で退屈と感じても、LV1からスタートしてみる価値はあるって本当に思いますね。
簡単なセンテンスを多少早くつくることが出来たとしても、「考えて出した」という感覚があるなら、本当に英語を使えるようになるためにぜひLV1からやってみると良いと思います。それはきっとしっかりした英語力をつけるのに役立つはずです。

レベル2をやってみての感想

ストーリー

ストーリー的にはLV1の続き。

LV2のストーリーは特に何かイベントが起こるというわけではなく、留学生との日常シーンがメインで描かれている感じ。

LV1は最後の方で少々「盛り上がる展開」があったので、それと比べるとちょっと物足りない気もしますが、、、

でも、留学生たちとのちょっとしたやりとりは何気に楽しい。

LV2になって出てくる英語表現も少々豊かになってきて、キャラがより魅力的になった印象もありますね。

学習内容

学習内容的にはまだまだ簡単な部類。

LV2でも出てくる英文を読んだり、聞いたりして「全く歯が立たない。お手上げ」と感じてしまう人はいないんじゃないかと思います。
むしろ読んだりくらいなら「楽に出来る」という人がまだまだ多いかと。

しかし、LV2は

  • 過去形
  • 第4文型[SVOO]
  • 第5文型[SVOC]
  • to不定詞
  • that節
  • 比較級

といったことを学習、基礎中の基礎をやるLV1より少々難易度がアップ。
to不定詞だったり、that節だったりが含まれた英文をパッと言える人というのは少なくなってくるんじゃないかと思います。

LV1が「あまりにも簡単すぎる」と思った人でも、このレベル辺りから「クイックレスポンスとかでアウトプットするのに時間がかかってしまう」というような経験をすることが増えてくるんじゃないかと思いますね。

感想

LV1で学んだことよりはちょっと複雑なことを表現できるようになってきたように感じます。

LV1をやってLV2が終わり「英語でいえる表現」が着実に頭にストックされてきて、「英語でコミュニケーションが取れるかも」という気持ちが少しは出てきました。
ぶっちゃけLV1をやった段階では「英語を喋れる」という気は全くしなかったんですが、ようやくLV2を終えたことで芽生えてきたというか。。。

まあ、まだ全然レベルは低いですけど着実にスピーキングやライティングをする上での英語感みたいのが養われてきているのを感じます。

LV1の感想でも書いた「かたまりで英語を捉えてアウトプットできる」みたいな感覚が強化された感じですね。

レベル3をやってみての感想

ストーリー

ストーリーはレベル1,レベル2のつづき。このレベル3でリクと留学生達のストーリーは終わり。。。

レベル3のストーリーはレベル1,2をやっていないと分からない部分も出てくるので、ここからはじめるとストーリーはあんまり楽しめないかもです。。。(
楽しむのが絶対無理というわけでもないけど、ストーリーを楽しもうと思うのなら最低でもレベル2からスタートした方がいい)

でも、ラストと言うこともあり、レベル1や2をやっていればなかなか盛り上がるストーリー展開で結構楽しめるのではないかと。

■今までキャラの会話の中では出てきてきたけどストーリーにはちゃんと出てこなかったリクの父が登場。仲が悪かったリクと父の関係はどう変わっていくか?

■留学生達の「正体」とは一体?

■リクの高校受験はどうなる?

■ヒロイン、メアリーとの仲は?

ネタバレ回避しつつストーリーに軽く触れてみるとこんな感じになっていて↑、 個人的にはなかなか面白かったって思います。

学習内容

レベル1や2はほとんど毎回、文法的に新しい項目を習っていくという感じでしたが、レベル3では学習済みの項目も出てきます(ただし、内容は前のレベルで出てきたものよりも難易度が少々アップ)

レベル3で新しく学習する項目としては

  • 仮定法
  • 現在完了形
  • 分詞
  • 関係代名詞
  • 間接疑問文

……このあたりでしょうか。

レベル3でようやく中学で学習するような基礎部分が終了するという感じです。

感想

レベル3までやって、「なりきりスピーキング」や「クイックレスポンス」で結構な量のアウトプットのトレーニングをやってきたので、基礎部分はだいぶ身について来た感じがします。

基礎の土台部分は大分出来つつあるというか。

少なくともここまで来れば、アウトプットする上での恐怖感みたいなのはなくなるんじゃないかと思います。

例えば、オンライン英会話の初級コースにトライしようとしたとして、、、
ある程度英語を勉強していてもいざアウトプットする段階になると「基礎的なことすら出来なくて、間違っていたらどうしよう?」みたいな恐怖感が出てくる人って結構いるかと思うんですが、レベル3までのトレーニングを頑張ればそういうのが払拭できるはずかと思います。
少なくとも最低限の自信はつくはず。

自分もレベル3で段々と自信が付いてきました。英文を書いたり、英語を話せたりといった自分がクリアに想像できるようになってきたって感じですね。

スタディサプリ ENGLISH! 詳しくはこちら

※このレビュー記事は随時更新型の記事。

最後のレベル7が終わるまで、「実際にやってどうだったか?」というのを1レベルごとに更新していきます。

シェアする

フォローする